日本海事センター 連携プロジェクト

海事教育 具体的取り組み事例

ホーム > 海事教育 具体的取り組み事例

海事教育 具体的取り組み事例

日本海事センターと神戸大学の連携プロジェクト「海事教育のあり方に関する調査研究」で進められている具体的取り組み事例を紹介します。それぞれの事例の概要のほか、参加者の感想や教育効果に関する調査結果などを掲載しています。

カテゴリー

事例(新着順)

事例8.「ロイヤル・プリンセス」体験航海・船長講演会を実施

kouenkai2.JPG

国土交通省神戸運輸監理部及び社団法人日本船長協会の協力のもと、神戸大学附属住吉中学校2年生80名を対象とし、ロイヤル・プリンセスを用いた体験航海と日本船長協会池上武男技術顧問による「船と水」と題した講演会を開催しました。

続きを読む

事例7.帆船「海王丸」における『海洋教室』を体験

kaiyouclass1.JPG2009年6月13日(土)、神戸港第一埠頭に着岸中の帆船「海王丸」において、神戸大学附属明石小学校5年生の児童80名が、『海と私たちとのかかわりを探る』をテーマとした学習プログラムの一環として、財団法人 海技教育財団が独立行政法人 航海訓練所の協力を得て実施している『海洋教室』に参加しました。

続きを読む

事例6.帆船「海王丸」・「日本丸」特別見学会を実施

kengakukai3.JPG2009年6月10日(水)、独立行政法人 航海訓練所のご協力のもと神戸港停泊中の2つの帆船「海王丸」(國枝佳明船長)及び「日本丸」(福井寛明船長)において神戸大学附属明石小学校5年生2クラス78名)を対象とした特別見学会を実施しました。

続きを読む

事例5.グローバル総合学習プログラム「海と人間生活の進歩と調和を探る」

eco005.JPG 神戸大学発達科学部附属住吉小学校において、グローバル総合学習プログラムの一例として「海と人間生活の進歩と調和を探る」が実施されました。

 

続きを読む

事例4.帆船「海王丸」前船長・雨宮氏による講演会

kouen3.JPG 2009年1月14日(水)及び15日(木)の両日、神戸大学発達科学部附属住吉小学校及び附属幼稚園において、帆船「海王丸」前船長・雨宮伊作氏による講演会を開催しました。

続きを読む

事例3.『太平洋のエコ通信 2009』

eco5.jpeg 帆船「海王丸」に乗船中の実習生115名(全国5つの商船高等専門学校の学生)と神戸大学発達科学部附属住吉小学校6年生・38名が、2009年1月10日(土)から開始されている帆船「海王丸」のホノルル往復遠洋航海の期間中、太平洋を舞台に『エコ』をテーマとしたメッセージ交換などの継続的な交流活動を実施しています。

続きを読む

事例2.帆船「海王丸」で特別見学会を実施

jirei2 top.JPG2008年11月6日(木)、独立行政法人 航海訓練所のご協力のもと神戸港第一埠頭に着岸中の帆船「海王丸」において、神戸大学発達科学部附属住吉小学校の6年生・全3クラス(115名)を対象に、2班に分かれて、それぞれ約1時間の特別見学会を行いました。

続きを読む

事例1.帆船「海王丸」における『海洋教室』を体験

jirei1top.jpg2008年11月2日(日)、神戸港第一埠頭に着岸中の帆船「海王丸」において、神戸大学発達科学部附属住吉小・中学校の児童・生徒及び教員並びに保護者合計58名が一般の参加者に交ざって財団法人 海技教育財団が独立行政法人 航海訓練所の協力を得て実施している『海洋教室』に参加しました。

続きを読む

このページのトップへ