日本海事センター 連携プロジェクト

プロジェクトの概要と歩み

ホーム > プロジェクトの概要と歩み

プロジェクトの概要

日本海事センターと神戸大学の連携プロジェクト「海事教育のあり方に関する調査研究」について

1.プロジェクトの目的

このプロジェクトは、海事・海洋社会に貢献できる有能な人材の育成は、青少年期の海への理解と興味の持ち方に関係するとの考えから、附属小・中学校での児童・生徒教育に経験豊富な神戸大学と、海事に関するナショナルセンターを目指し活動を続けている日本海事センターが連携し、神戸大学人間発達環境学研究科及び海事科学研究科の教育研究資源を活用しつつ、発達科学部附属小・中学校の教員が直接参画するかたちで、今後の海事教育のあり方を探ることを目的として実施しているものです。

2.プロジェクトにおける教育目標

このプロジェクトにおいては、以下の教育目標の達成を目指しています。
①海洋諸事象に関して、自然科学的観点、地理・歴史・政治・経済・文化など社会的観点、工学・技術的観点、資源・エネルギー的観点、環境保全的観点、国際理解的観点など、多様かつ総合的な観点で児童・生徒の知識・ 理解を育成し、同時に海洋諸事象への興味・関心を高める。
②それを通じて、我が国の海事産業の重要性についての理解を深めるとともに、海洋国家である我が国のあり方に関する判断力、意思形成力を育成する。
③①及び②を通じて、児童・生徒が、将来、海洋と海事諸事象との関わりにおいて生活し、かつ社会参画を行っていくことの意欲・態度を高める。

3.事業内容

上記の目的及び教育目標を達成するため、日本海事センターと神戸大学は連携して、海事に関する教育プログラムの開発及びその実施並びに教育効果の評価手法の確立及びそれによる評価の実施を行っています。

(1)教育プログラムの開発

青少年期の海への理解と興味を促進するため、初等教育から中等教育を対象とした海事教育プログラムを開発しています。開発に際しては、神戸大学発達科学部附属小・中学校の教員のアイデアやノウハウをもとに教員の主体性を重視することとし、神戸大学人間発達環境学研究科、同大学海事科学研究科及び日本海事センターはその支援を行っています。

(2)教育プログラムの実施

開発された海事教育プログラムを神戸大学発達科学部附属小・中学校と連携して実施しています。

(3)教育効果の評価手法の確立及びそれによる評価の実施

開発・実施した海事教育プログラムによる教育効果の評価手法を確立するとともに、それによる評価を実施しています。この評価によって得られた知見は、教育プログラムの開発・実施にフィードバックすることとしています。

4.プロジェクトの実施体制

このプロジェクトは、日本海事センターと神戸大学のメンバーからなる「連携プロジェクト推進会議」において、プロジェクト全体の調整を行いながら推進しています。具体的な事業は、連携プロジェクト推進会議内の以下の各ユニットが連携して推進しています。

<開発ユニット>

海事教育プログラムの開発主体です。開発ユニットは、神戸大学発達科学部附属小・中学校の教員のうち海事教育プログラムの開発・実施に取り組む意志を有する者が必要に応じ随時参加することにより構成されています。

<支援ユニット>

開発ユニットの支援主体です。支援ユニットは、神戸大学海事科学研究科、同人間発達環境学研究科及び日本海事センターのメンバーにより構成されています。支援ユニットは、海事教育プログラム開発に必要な資料・情報の提供や便宜供与を開発ユニットに対して随時行っています。

<評価ユニット>

海事教育プログラムの評価主体です。評価ユニットは、神戸大学人間発達環境学研究科のメンバーを中心に構成されています。評価ユニットは、海事教育プログラムによる教育効果の評価手法を確立するとともに、それによる評価を実施しています。

projet_img.jpg

5.プロジェクトの実施期間

教育という長期的視点が求められる事業の性質に鑑み、5年間をひとつの目安としてこのプロジェクトを実施する予定です。

プロジェクトの歩み

2008年7月17日 連携協定書調印式

cyouin_01.jpg日本海事センター(会長 松尾道彦)と神戸大学(学長 野上智行)は、海事教育に関する調査研究について連携協力を行い、今後の海事教育のあり方を共同で探求していくことで合意に至り、それに関する連携協定書の調印式と記者会見を2008年7月17日(木)午前、神戸大学本部(兵庫県神戸市灘区)で行いました。両組織関係者や報道関係者が見守る中、日本海事センター・松尾道彦会長(写真、右)と神戸大学・野上智行学長(同、左)が協定書に署名しました。

2008年9月5日 第1回「連携プロジェクト推進会議」

cyouin_02.jpg2008年9月5日(金)午前、神戸大学人間発達環境学研究科会議室において、第1回「連携プロジェクト推進会議」を開催しました。この会議では、プロジェクトの推進体制、海事教育プログラムの開発及び開発支援並びに評価等について議論した後、プロジェクトの情報発信サイトの立ち上げや今後の事業推進方法などに関して意見交換を行いました。

2008年12月13日~14日 海事教育プログラム開発に向けた教員研修会

1213kensyu.JPG

2008年12月13日(土)~14日(日)の2日間にわたり、神戸大学発達科学部附属住吉小・中学校教員を対象に海事教育プログラム開発に向けた教員研修会を実施しました。

研修会は、「日本郵船歴史博物館」や「船の科学館」などを訪問し、学芸員などの案内のもと、展示資料などから海事の詳細な事案を学ぶとともに、新たな海事教育プログラム開発に向けた活発な意見交換も行われました。この研修会の成果は、2009年2月6日(金)に附属住吉小学校で開催される教育研究発表会における総合学習の公開授業の中でも発表される予定です。

このページのトップへ