日本海事センターについて

About

ご挨拶

四囲を海で囲まれた我が国では、輸出入貿易量の99%以上を海上輸送が担うなど、経済・社会活動や国民生活における海上輸送の重要性は極めて大きく、海事産業は大きな役割を果たしています。一方、不確実性を増す国際情勢は、我が国の海事産業をはじめ経済・社会に大きな影響を及ぼしています。加えて、昨年来の新型コロナウイルスのパンデミックに伴い、旺盛な巣ごもり需要等を背景とした国際物流需要の増大によって主要航路のコンテナの荷動きが急増する一方、港湾混雑とこれに伴うコンテナ不足によりサプライチェーンの混乱が拡大したことにより、スケジュールの遅延やスポット運賃を中心に市況の急騰が生じています。また、世界各国での行動制限に伴い船員交代も困難になっています。さらに、国際海運においては温暖化ガスの排出削減・カーボンニュートラルなど地球規模での気候変動対策への取り組みも喫緊の課題となっています。

公益財団法人日本海事センターは、海洋国家である我が国の発展に貢献するため、海事関係の各種調査研究・政策提言、海事図書館の運営、海事関係公益事業の支援を3つの柱として活動しています。

当センターは、流動化する国際情勢や激変する世界経済の動向を踏まえつつ、複雑化する海事関係の諸課題に対して的確に対応していくため、海事社会の中枢的なシンクタンクとして、海事産業界、行政機関および研究機関等の連携と協働に貢献するとともに、海事産業の発展、海事分野の公益事業の推進、海事思想の普及と海事分野の様々な事象への正しい理解の増進に対し、ますます大きな貢献を果たしていきたいと考えています。

当センターの活動や取組みに対する皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

公益財団法人 日本海事センター会長 宿利 正史

パンフレットダウンロード