フォーラム・講演会

Forum

第30回海事立国フォーラム in 神戸2022
「今後の海事社会に向けた海事人材の育成と将来展望」

開催概要 新型コロナウイルス感染症の拡大等に伴い国際的な海上物流を担う船員をはじめ海事人材の必要性が広く認知され始めたところ、世界有数の海運国である日本においてはこれまでどのように船員を育成してきたのか、また、今後デジタル化、脱炭素化が急速に進むと見られる海事社会に向けて海事人材に期待される役割、又そのための育成方法はいかにあるべきかについて、船員教育界及び海運界の視点から展望を示す。
日時 2022年8月30日(火) 14:00 ~ 16:50
開催方法 実開催(YouTube配信あり※対面参加希望の方のみ以下の申込フォームよりご登録ください。YouTube配信の視聴は、どなたでも視聴可能なためお申込みは不要です)
場 所 神戸メリケンパークオリエンタルホテル4階「瑞天」(定員:先着200名)
(神戸市中央区波止場町5-6)
主 催 公益財団法人 日本海事センター
後 援 国土交通省
タイムテーブル
14:00 開会挨拶
(公財)日本海事センター会長 宿利 正史
14:05 来賓挨拶
神戸市長 久元 喜造 氏
国土交通省神戸運輸監理部長 田淵 一浩 氏
14:15 基調講演1「外航海運の現状と海事人材の課題」
(一社)日本船主協会副会長 友田 圭司 氏
14:35 基調講演2「水先人の現状と求められる人物像」
日本水先人会連合会専務理事 阪本 敏章 氏
14:55 講演「諸外国における船員教育の現状」
(公財)日本海事センター主任研究員 野村 摂雄
(公財)日本海事センター専門調査員 田中 大二郎
15:15 講演「神戸大学における海事・海洋人材の育成と今後の展望」
神戸大学大学院海事科学研究科長 阿部 晃久 氏
15:35 コーヒーブレイク
15:45 講演「産業界が求める海事人材」
日本郵船(株)専務執行役員 小山 智之 氏
16:05 パネルディスカッション及び質疑応答
・ファシリテーター
関西大学名誉教授 神戸大学客員教授
羽原 敬二 氏

・パネリスト
神戸大学大学院海事科学研究科長 阿部 晃久 氏
日本郵船(株)専務執行役員 小山 智之 氏
(公財)日本海事センター主任研究員 野村 摂雄
(公財)日本海事センター専門調査員 田中 大二郎
16:45 閉会挨拶
(公財)日本海事センター理事長 平垣内 久隆
16:50 閉会
17:00 懇親会
*神戸メリケンパークオリエンタルホテル4階「海王」
参加費 無料
申込期限 令和4年8月19日(金)
備考 参加申込者が多数の場合、事前登録をされていない方、当日の参加申込の方などについては、ご入場をお断りする場合もございますので、予めご了承ください。

当日のプログラム

お申込みフォーム

講演者 略歴

一般社団法人日本船主協会副会長
友田 圭司 氏

1982年3月 信州大学経済学部卒業。1982年4月 川崎汽船株式会社 入社。1990年6月 “K”LINE(EUROPE)LIMITED ロンドン。1998年4月 名古屋支店自動車課長。2003年7月 コンテナ船事業グループ副部長。2005年7月 港湾事業グループ副部長。2007年7月 “K”LINE(VIETNAM)LIMITED ハノイ。2009年4月 “K”LINE PTE LTD.。2010年10月 経営企画グループ専任部長。2015年4月 理事・海事産業政策担当。2021年6月 一般社団法人日本船主協会副会長(現職)。

日本水先人会連合会専務理事
阪本 敏章 氏

1982年9月 神戸商船大学航海学科卒業。1982年10月 山下新日本汽船株式会社入社(航海士として勤務)。1989年2月 運輸省航海訓練所入所。1996年4月 富山県企画部日本海政策課 出向((財)帆船海王丸記念財団))。2001年10月独立行政法人国際協力機構 出向(ベトナム国政府長期専門家としてベトナム海事大学勤務)。2005年4月練習船青雲丸 船長。2006年10月 国土交通省大臣官房運輸安全調査官。2009年7月 海事局海技課海技企画官。2012年4月 神戸運輸監理部海事振興部長。2014年4月 海事局海技課船員教育室長。2016年4月独立行政法人海技教育機構 理事(企画)。2018年4月 北海道運輸局次長。2020年7月 日本水先人会連合会専務理事(現職)。

(公財)日本海事センター主任研究員
野村 摂雄 

1998年上智大学法学部国際関係法学科卒業、2000年上智大学大学院法学研究科博士前期課程修了、2005年同博士後期課程単位取得満期退学、2005年上智大学大学院地球環境学研究科助手、2006年上智大学法学部助手、2007年公益財団法人日本海事センター研究員、2018年より現職。
2006年明治学院大学法学部兼任講師(現在に至る。)、2006年度~2008年度明海大学不動産学科非常勤講師、千葉県警察学校外部講師、2007年度「国際海事機関第93回法律問題委員会」日本政府アドバイザー、2008年度法政大学人間環境学部非常勤講師、滋賀大学経済学部非常勤講師、2015年度東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科非常勤講師、2022年度「国際労働機関2006年の海上の労働条約第4回特別三者委員会」日本政府アドバイザーなどを歴任。
著作に、『環境法へのアプローチ』(共著、2007年、成文堂)、「フィリピンの船員教育をめぐる動向」(KAIUN第1037号、2014年)、”Japanese System for Ocean-going Seafarer”(Mariners’ Digest, Vol. 49、2018年)、「ノルウェーの海運政策」(日本海事新聞2020年2月28日)、「海洋環境保護―MARPOL条約を中心として」環境法政策学会誌第23号(2020年)、『日本のトン数標準税制―その導入課程と特徴』(日本海事センター、2020年)、「欧州連合(EU)における海洋環境保全法制」環境法研究第14号(2022年)など多数。

(公財)日本海事センター専門調査員
田中 大二郎

1992年3月 上智大学経済学部経済学科 卒業。1996年3月 上智大学大学院文学研究科フランス文学専攻修士課程修了。1996年4月 一橋大学大学院言語社会研究科博士課程 入学。
2000~2002年 グルノーブル第三大学第三課程博士(DEA)留学。2003~2011年 国内情報通信会社、株式会社富士通マーケティング(現 富士通Japan株式会社)SE職。
2009年9月 一橋大学大学院言語社会研究科博士後期課程単位取得退学。2016年3月 フランス近代思想史研究により、博士(学術)12613乙第555号。
2016年~2017年 熊本市都市政策研究所研究員。防災減災、震災記録誌研究。2018~2022年 新宿区新宿自治創造研究所研究員。公民連携、EBPM研究。
2021年~ 公益財団法人日本海事センター企画研究部専門調査員(現職)。諸外国の船員政策調査。
研究分野は、思想史(フランス近代)、法思想史(自然法、万民法)、法制史、海事法政策、地方自治体政策。

神戸大学大学院海事科学研究科長
阿部 晃久 氏

1986年3月 室蘭工業大学工学部産業機械工学科卒業。1988年3月 東北大学大学院工学研究科博士課程前期課程修了、1991年3月 同博士課程後期課程修了。1990年4月 日本学術振興会特別研究員(1991年3月まで)。
1991年4月 神戸商船大学商船学部助手。1992年4月 同学部講師。1994年4月 同学部助教授。1998年10月 米国ワシントン州立大学文部省在外研究員(1999年7月まで)。2003年10月 神戸大学海事科学部助教授。2007年4月 同大学海事科学研究科准教授、2007年10月 同研究科教授。2015年4月 同大学海事科学部マリンエンジニアリング学科長(同年9月まで)。2015年10月 同大学海事科学研究科副研究科長(教育担当) (2016年3月まで)。
2016年4月 同大学評議員、同研究科副研究科長(教育担当)(2018年3月まで)、乗船実習科長を兼務(2019年3月まで)。2018年4月 同大学評議員、海事科学研究科副研究科長(教育担当)(2020年3月まで)。2020年4月 同大学海事科学研究科長、海事科学部長、海事科学域長(2022年3月まで)。2021年4月 海洋政策科学部長を兼務。2022年4月 同大学海事科学研究科長、海洋政策科学部長、海事科学部長、海事科学域長(現職)。

日本郵船株式会社専務執行役員
小山 智之 氏

1982年9月 東京商船大学航海学科卒業。1982年11月 日本郵船株式会社入社。1999年10月 船長。2010年12月NYK SHIPMANAGEMENT PTE LTD SINGAPORE, CEO。2014年4月 経営委員NYK SHIPMANAGEMENT PTE LTD SINGAPORE, CEO。 2017年4月 常務経営委員。2020年4月 専務経営委員(現:専務執行役員)(現職)。

関西大学名誉教授 神戸大学客員教授
羽原 敬二 氏

1976年4月 早稲田大学商学部卒業。1981年4月 関西大学商学部助手採用。1983年3月 関西大学大学院商学研究科博士課程後期課程単位取得満期退学。1994年4月 関西大学商学部教授。リスクマネジメントシステム,安全マネジメントシステム,危機管理,海上保険・航空保険が専門研究領域。1989年4月 University of Iowa アイオワ大学客員研究員(1990年3月まで)。
1998年10月 George Washington University ジョージ・ワシントン大学 Space Policy Institute 客員研究員(1999年3月まで)。2007年4月 関西大学政策創造学部教授(移籍)。2010年10月 早稲田大学商学学術院訪問学者(2011年3月まで)。2012年4月 国立大学法人神戸大学大学院海事科学研究科附属国際海事研究センター客員教授(現在に至る)。2019年4月 関西大学名誉教授。2020年3月 一般財団法人日本海事協会理事。
国土交通省海事局「成長戦略船員資格検討会」座長,日本保険学会理事・関西部会長,日本海運経済学会理事・副会長,AIDA(国際保険法学会)理事などを歴任。現在,国土交通省交通政策審議会分科会国際海上輸送部会臨時委員,(一社)海外運輸協力協会アドバイザー,国土交通省近畿地方交通審議会神戸部会部会長,(公財)日本海事センター評議員,同海運問題研究会船員問題委員会委員長,国土交通省「水先人の人材確保・育成等に関する検討委員会」座長代理,(一財)海技振興センター「水先人養成に関する総合事業検討委員会」委員長。