メールマガジン

Magazine

第74号(2021年5月)

◆Japan Maritime Center◆___________________________2021/5/28 ◆

日本海事センターメールマガジン =第74号=

◆JMC_________________________________◆Japan Maritime Center◆

=お知らせ=

●海事図書館 開館日時変更(水・金 12:00~16:00開館)のお知らせ

海事図書館は当面の間、以下の通り開館日を週2日とし、開館時間を短縮いたします。

開館日時:水曜・金曜 12:00から16:00

開館日につきましては、従来通り来館予約制を継続いたします。
ご来館をご希望の方は、ご来館日時・ご利用資料等をご連絡ください。
詳しくは下記URLをご参照ください。
http://www.jpmac.or.jp/information/pdf/836_1.pdf

利用者の皆様にはご不便とご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。


●(公財)帆船日本丸記念財団様より、帆船日本丸保存修繕活動への寄附支援のお願いです。
詳細は以下サイト「帆船日本丸保存のためのご寄附のお願い」をご覧ください。
URL http://www.nippon-maru.or.jp/supporters/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【目次】
1 2021年5月に新聞・雑誌に寄稿・投稿した記事
2 主要航路(北米・欧州)の荷動き量とポイント
3 海事資料調べ方講座
4 海運ミニ知識

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1 2021年5月に新聞・雑誌に寄稿・投稿した記事

日本海事センターが行った、海事分野における諸課題に関する
調査・研究成果の概要を、各新聞・雑誌に寄稿・投稿しており
ます。5月に寄稿・投稿した記事等をホームページ上に公開し
ましたのでご活用ください。

URL http://www.jpmac.or.jp/research/contribute.html

・「ポストコロナのRCEP下の東アジア物流の展望」(2021年5月:日本海事新聞)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2 主要航路(北米・欧州)の荷動き量とポイント
<2021年5月25日発表>

【荷動き量】
北米往航(アジアから米国)(2021年4月)1,717,991TEU(28.9%増)
      《4月単月で過去最高を更新。(19年4月:136.5万TEU)》
北米復航(米国からアジア)(2021年2月)512,537TEU(9.9%減)

欧州往航(アジアから欧州)(2021年3月)1,403,228TEU(9.3 %増)
《往復航ともに統計開始以来、3月単月としては最高》
欧州復航(欧州からアジア)(2021年3月)715,408TEU(13.8%増)


【概要とポイント】
・北米往航は、前年比28.9%増で10か月連続のプラス。
2021年4月の中国(塩田)-ニューヨーク間の運賃は
前年比124.9%増の4,970ドル/TEUで12か月連続のプラス。
・北米復航は、前年比9.9%減で、3か月連続のマイナス。
2021年4月のニューヨーク-中国(塩田)間の運賃は
前年比62.0%増の1280ドル/TEUで12か月連続のプラス。
・欧州往航は前年比9.3 %増で2か月連続のプラス。
2021年4月の中国(塩田)-英国(フェリックストウ)間の運賃は
前年比282.2%増の4,510ドル/TEUで11か月連続のプラス。
・欧州復航は前年比13.8%増で2か月連続のプラス。
2021年4月の英国(フェリックストウ)-中国(塩田)間の運賃は
前年比16.3%増の1,500ドル/TEUで17か月連続のプラス。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3 海事資料調べ方講座

過去に受けたご質問の中から。

Q.
2001年から2012年の新造コンテナ価格を知りたい。

A.
月刊誌「Containerisation international」に載っていたが、
2011年11月号を最後に掲載がなくなった。

詳しい情報はコチラ!
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000179245

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
4 海運ミニ知識

◆「最短航路」

東京とサンフランシスコの2点を結ぶ最短距離を地図上に描くと、
2点をまっすぐ結んだ線ではなく、少し北寄りに弧を描きます。
これは、よく目にする地図がメルカトル図法であるためです。
実際には地球は球状のため、北寄りに見える線が最も短いのです。
逆に南半球では南寄りに弧を描くことになります。これを大圏航路
と言います。

しかし、実際に航海をする際には、大圏航路より早く到着できる航
路が存在します。風や海流、天気などの影響があるからです。これ
らを総合して最も早く目的地に着くよう、船長が判断しています。

<参考資料>
「みんなが知りたい船の疑問100」
池田良穂著 ソフトバンククリエイティブ発行 2010年
(海事図書館所蔵番号:504194 請求記号:550.4/I32) 他


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今月も最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回は6月下旬頃、配信予定です。

このメールは、日本海事センターの活動にご関心をお持ちの方及び
日頃ご協力いただいております方へお届けしております。

このメールは、送信専用メールアドレスから配信しております。
恐れ入りますが、お問い合わせは下記メールアドレスまで
お送りくださいますよう、お願いいたします。
jmc-info@jpmac.or.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆日本海事センターホームページ
http://www.jpmac.or.jp/

◆配信先メールアドレスの変更はこちら
##__CHANGE_ADDRESS_URL__##

◆メールマガジン配信解除はこちら
##__CANCEL_URL__##

◆Japan Maritime Center◆_____________________________◆JMC◆
編集・発行:(公財)日本海事センター 企画研究部
〒102-0083 東京都千代田区麹町4-5 海事センタービル8F
Tel: 03-3263-9421
E-Mail:jmc-info@jpmac.or.jp
HP:http://www.jpmac.or.jp/

一覧へ戻る