メールマガジン

Magazine

第80号(2021年11月)

◆Japan Maritime Center◆___________________________2021/11/30 ◆

日本海事センターメールマガジン =第80号=

◆JMC_________________________________◆Japan Maritime Center◆

=お知らせ=

●海事図書館移転に伴う休館のお知らせ
(2021年11月15日(月)から2022年3月1日(火)まで)

海事図書館は、来る2022年3月に千代田区麹町の海事センタービルに
移転することとなりました。
それに伴い、以下の期間休館いたしますのでお知らせ申し上げます。

休館:2021年11月15日(月)から2022年3月1日(火)まで
リニューアルオープン予定日:2022年3月2日(水)

休館期間は都合により変更することがございます。
変更の際はホームページにてお知らせいたします。
海事図書館ホームページ:https://www.jpmac.or.jp/library/

利用者の皆様にはご不便とご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。


●(公財)帆船日本丸記念財団様より、帆船日本丸保存修繕活動への寄附支援のお願いです。
詳細は以下サイト「帆船日本丸保存のためのご寄附のお願い」をご覧ください。
URL https://www.nippon-maru.or.jp/donations/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【目次】
1 2021年11月に新聞・雑誌に寄稿・投稿した記事
2 主要航路(北米・欧州)の荷動き量とポイント
3 海事資料調べ方講座
4 海運ミニ知識

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1 2021年11月に新聞・雑誌に寄稿・投稿した記事

日本海事センターが行った、海事分野における諸課題に関する
調査・研究成果の概要を、各新聞・雑誌に寄稿・投稿しております。
11月に寄稿・投稿した記事等をホームページ上に公開しましたので
ご活用ください。

URL http://www.jpmac.or.jp/img/research/pdf/E202112.pdf

・「洋上風力発電に係る航行安全確保に関する動向」
(2021年11月:日本海事新聞)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2 主要航路(北米・欧州)の荷動き量とポイント
<2021年11月24日発表>

【荷動き量】
北米往航(アジアから米国)(2021年10月)1,925,019TEU(1.4%増)
     《10月単月で過去最高を更新、ASEAN積は2か月連続の減少》

北米復航(米国からアジア)(2021年8月)502,396TEU(4.6%減)

欧州往航(アジアから欧州) (2021年9月)1,381,566TEU(5.3%減)
《3か月連続の減少、東南アジア積は16.2%減》

欧州復航(欧州からアジア)(2021年9月)620,321TEU(12.9%減)

【概要とポイント】
・北米往航は、前年比1.4%増で3か月ぶりのプラス。
2021年10月の中国(塩田)-ニューヨーク間の運賃は
前年比181.7%増の10,760ドル/TEUで18か月連続のプラス。

・北米復航は、前年比4.6%減で3か月連続のマイナス。
2021年10月のニューヨーク-中国(塩田)間の運賃は
前年比65.4%増の1,340ドル/TEUで18か月連続のプラス。

・欧州往航は、前年比5.3%減で3か月連続のマイナス。
2021年10月の中国(塩田)-英国(フェリックストウ)間の運賃は
前年比411.9 %増の7,730ドル/TEUで17か月連続のプラス。

・欧州復航は、前年比12.9%減で3か月連続のマイナス。
2021年10月の英国(フェリックストウ)-中国(塩田)間の運賃は
前年比40.8%増の1,830ドル/TEUで23か月連続のプラス。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3 海事資料調べ方講座

海事図書館が過去に受けたご質問の中から。

Q.
昭和22年制定の船員法についての解説書を見たい。できるだけ古いものが良い。

A.
以下の資料がある。

「船員法解説」
「船員法 -解説と研究-」
「船員法解釈例総覧」
「船員法概説」
「船員法の変遷」

詳しい情報はコチラ!
https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000307970

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
4 海運ミニ知識

◆「荷物の固定」

船が荒天で大きく揺れた時に、積んでいる荷物が横に移動したり崩
れ落ちたりすると、船全体のバランスが崩れて大きな事故になりか
ねません。そこで船では荷物をしっかりと固定しています。

荷物をバンドやチェーンで固定することをラッシングと言いますが、
自動車運搬船では積み荷の車を一台一台すべてラッシングし、船が
揺れても動かないようにしています。コンテナ船にはコンテナの大
きさに合わせたセルガイドという枠が設けられ、その枠の中にコン
テナを積みます。セルガイドがない場所ではコンテナもラッシング
で固定します。

コンテナ内部の荷物も動かないようにラッシングします。コンテナ
の内部にはベルトなどを通すためのフックがついており、積荷に巻
き付けたベルトをこのフックにかけて固定します。また、荷物の間
に緩衝材を挟んだり、角材を使って固定することもあります。

<参考資料>
「みんなが知りたい船の疑問100」
池田良穂著 ソフトバンククリエイティブ発行 2010年
(海事図書館所蔵番号:504194 請求記号:550.4/I32) 他

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今月も最後までご覧いただき、ありがとうございました。
次回は12月下旬頃、配信予定です。

このメールは、日本海事センターの活動にご関心をお持ちの方及び
日頃ご協力いただいております方へお届けしております。

このメールは、送信専用メールアドレスから配信しております。
恐れ入りますが、お問い合わせは下記メールアドレスまで
お送りくださいますよう、お願いいたします。
jmc-info@jpmac.or.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆日本海事センターホームページ
http://www.jpmac.or.jp/

◆配信先メールアドレスの変更はこちら
##__CHANGE_ADDRESS_URL__##

◆メールマガジン配信解除はこちら
##__CANCEL_URL__##

◆Japan Maritime Center◆_____________________________◆JMC◆
編集・発行:(公財)日本海事センター 企画研究部
〒102-0083 東京都千代田区麹町4-5 海事センタービル8F
Tel: 03-3263-9421
E-Mail:jmc-info@jpmac.or.jp
HP:http://www.jpmac.or.jp/

一覧へ戻る