フォーラム・講演会

Forum

第31回海事・観光立国フォーラム in 沖縄2023
「沖縄・美ら海の歴史と無限の可能性~海事・観光の未来に向けて~」

開催概要  沖縄は琉球王国の時代、中国と日本や朝鮮、東南アジア諸国との中継貿易を通じて大交易時代を実現し、アジアの主要な地域との密接な交流を深めてきた。
 このような琉球・沖縄の海をめぐる歴史を振り返りつつ、沖縄がアジアの玄関口として交流の拠点として期待が大きい一方、新型コロナウイルスによるパンデミックがインバウンドなどに大きな影響を与えている現状において、海に囲まれた島々で構成される沖縄という地理的特性を生かして観光交流をどのように推進していくのか、美ら海・美ら島沖縄の自然遺産といかに共生して未来に伝えていくのか等について考察・展望する。
日時 2023年2月10日(金) 13:30 ~ 17:15
開催方法 実開催(YouTube配信あり)※YouTube配信は、どなたでも視聴可能なため、お申込は不要です。
開催場所 ロワジールホテル那覇「天妃ホワイエ」(定員:先着200名)
(〒900-0036那覇市西3丁目2-1)
主催 公益財団法人 日本海事センター
後援 国土交通省、観光庁
タイムテーブル
13:30 開会、主催者挨拶 
(公財)日本海事センター会長 宿利 正史
13:40 来賓挨拶
沖縄県知事 玉城 デニー 氏
13:50 講演
「観光の現状と今後の取組」
観光庁長官 和田 浩一 氏 
※公務の都合により直前に変更の場合があります
14:35 講演
「琉球・沖縄の歴史・海との関わりと将来への展望」
沖縄県立芸術大学名誉教授 安里 進 氏
15:20 コーヒーブレイク
15:40 女性リーダーたちが沖縄観光について語り合うシンポジウム
「沖縄観光における女性活躍とニューノーマル時代における沖縄観光のあり方を考える」
モデレーター 東洋大学国際観光学部国際観光学科教授 森下 晶美 氏
    講師 株式会社リクルートライフスタイル沖縄代表取締役社長 有木 真理 氏
    講師 株式会社 Endemic Garden H代表取締役 仲本 いつ美 氏 
    講師 株式会社 前田産業(前田産業ホテルズ)代表取締役社長 前田 裕子 氏
16:40 総括コメント
「沖縄・美ら海の観光とこれから」
一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー会長 下地 芳郎 氏
17:00 会場からの質疑応答
17:10 閉会挨拶 
(公財)日本海事センター理事長 平垣内 久隆
参加費 無料
申込期限 2023年1月31日(火)
備考 ※本フォーラムのプログラム、講演者、時間等は予告なく変更されることがあります。
※今後の新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、開催規模の縮小あるいは映像配信のみの開催となる場合もございます。あらかじめご了承のほどお願い致します。

当日のプログラム

お申込みフォーム

講演者 略歴

観光庁長官 
和田 浩一 氏

国土交通省観光庁長官。東京大学法学部卒業。1987年運輸省(現国土交通省)入省。
2005年国土交通省大臣官房人事課企画官、2007年国土交通省航空局飛行場部関西空港・中部空港監理官、2008年国土交通大臣秘書官、2009年観光庁観光地域振興部観光資源課長、2011年国土交通省大臣官房広報課長、2012年国土交通省航空局航空ネットワーク部首都圏空港課長、2015年国土交通省航空局航空ネットワーク部長、2017年国土交通省航空局次長。2018年国土交通省観光庁次長 兼 内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)、2019年国土交通省航空局長、2021年7月より現職。

沖縄県立芸術大学名誉教授
安里 進 氏

1947年那覇市生まれ。琉球大学法文学部史学科卒業。大阪府教育委員会文化財保護課、浦添市美術館学芸係長、浦添市文化課長、同文化部長、沖縄県立芸術大学教授、沖縄県立博物館・美術館長を務める。
現在、首里城復元に向けた技術検討委員(沖縄総合事務局)

専門分野:考古学、琉球史

主な著書:
2022年『古地図で楽しむ首里・那覇』風媒社(編著)
2019年『近世城下絵図の景観分析・GIS分析』古今書院(共著)
2014年『近世測量絵図とGIS分析』古今書院(編著)
2011年『沖縄人はどこから来たか―琉球・沖縄人の起源と成立―改訂版』ボーダーインク社(共著)
2004年『沖縄県の歴史』山川出版社(共著)
2006年『琉球の王権とグスク』山川出版社
1998年『グスク・共同体・村』榕樹書林

東洋大学国際観光学部 教授
森下 晶美 氏

1995年法政大学大学院社会科学研究科経営学専攻修士課程修了。
1987年近畿日本ツーリスト㈱入社、メディア販売商品の企画・販売促進を担当、1992年海外ツアーオペレータ、1998年旅行業界誌記者などを経て、2006年東洋大学着任、2016年より現職。
2016年~2017年観光庁出向(観光産業課課長補佐として、観光人材育成担当)。
専門は、観光マーケティング、旅行商品企画、観光産業研究、観光人材育成など。
委員歴:観光庁「産学連携による実務人材育成WG」座長、「若者アウトバウンド活性化検討会」座長、文部科学省「大学設置分科会」専門委員、国土交通省「空港優先交渉権者選定に係る審査会」審査委員、観光庁「観光分野における女性活躍推進に向けた検討会」委員、国土交通省関東地方整備局「首都圏広域地方計画に関する有識者懇談会」委員 など。
主な著書:編著『新版 観光マーケティング入門』、同友館、2016年
編著『新版 旅行業概論』、同友館、2018年 など

株式会社リクルートライフスタイル沖縄代表取締役社長 
有木 真理 氏

1998年 某外食チェーン 現場マネージャー 人事(採用教育課)。2002年 フードコーディネーター(フリーランス)。2003年 株式会社リクルートの業務に従事「ホットペッパーグルメ」へ。首都圏、関西などで営業マネージャー6拠点。2013年 ホットペッパーグルメの営業部長。
2014年 ホットペッパーグルメ外食総研 トレンド座談会座長を兼任。2017年 株式会社リクルートライフスタイル沖縄 代表取締役社長に就任。
ホットペッパーグルメ外食総研上席研究員、じゃらんリサーチセンター研究員を兼任。
株式会社リクルートライフスタイル沖縄の代表を務めると共に、ホットペッパーグルメ外食総研の上席研究員として、食のトレンドや食文化の発信により、外食文化の醸成や更なる外食機会の創出を目指す。自身の年間外食回数300回以上。ジャンルは立ち飲み~高級店まで多岐にわたる。全国の食に詳しい。
食を通じて「人」と「事」を繋げるイベントオーガナイザーも務める。
食文化・食トレンドを研究することで外食機会の創出、地域貢献に努めている。
「人」と「地域」の出会いを創り、沖縄を「人々の笑顔で溢れる地域」にしたい。“顧客接点”と最先端の“ITの力”を掛け合わせたビジネス支援事業で沖縄の地域全体の活性化に取り組んでいる。
2022年一般社団法人沖縄スポーツ関連産業協会の理事に就任。

株式会社 Endemic Garden H代表取締役 
仲本 いつ美 氏

1987年生。国頭村辺土名出身。
2010年3月 琉球大学人間科学科地理歴史人類学専攻課程卒業
在学中、沖縄の移民について学ぶため南米旅行へ。沖縄・国頭アイデンティティーに目覚めるとともに旅好きになる。
2010年4月 国頭村役場入庁
地域のことをイチから学ぶ。幼少時代に気づかなかった地域の魅力を再発見するとともに、過疎や高齢化といった地域課題に直面し役場職員として使命感に燃える。
2017年4月 国頭村世界自然遺産対策室に配属
世界自然遺産登録に向けた取組みの中、やんばる3村連携組織の事務局を担当する。
2019年6月 「合同会社Endemic Garden H」設立
同年3月に村役場を退職し、Uターンした姉と会社を設立する。同年8月から地域限定旅行業をスタートする。
2020年5月「株式会社」へ組織変更
2022年8月「やんばるホテル南溟森室」グランドオープン
国頭村謝敷集落、大宜味村喜如嘉集落にて集落滞在型の宿泊施設を開業

株式会社 前田産業(前田産業ホテルズ)代表取締役社長 
前田 裕子 氏

東京の短大卒業後、1989年都内ホテルに入社。帰沖後、1993年父親の経営する(有)前田産業へ入社。ホテル現場(フロント、宿泊・宴会予約、管理部)を務め、2006年6月に㈱前田産業代表取締役社長へ就任。沖縄本島北部の名護市と本部町に4つ、2022年12月に浦添市港川に1つ、合計5つの個性の違うホテルを運営。
地元企業ホテルとして、新しい観光のスタイルやホテルサービスのあり方を日々模索、実践中。経営理念である「“ちむぐくる”でおもてなし」をモットーに全従業員が心を一つにベクトルを合わせ、ビジョンである「第二の我が家として選ばれるNo.1ホテルになる」事を目指して奮闘している。

公職:公益財団法人 名護市観光協会理事長
運営ホテル:
ホテルゆがふいんおきなわ(名護市)、ホテルマハイナウエルネスリゾートオキナワ(本部町)
ホテルゆがふいんBISE(本部町)、アラマハイナコンドホテル(本部町)ホテルロイヤルビュー美ら海(本部町)
ホテルアラクージュオキナワ(浦添市2022年12月開業予定)

一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー会長 
下地 芳郎 氏

1981年3月明治大学法学部法律学科卒業。2009年3月立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科博士課程前期課程修了。修士(経営管理学)。 1981年5月 沖縄県庁 入庁。1991年8月 カナダトロント大学派遣(沖縄県人材育成団)。1995年1月 沖縄県香港事務所所長。2011年4月 沖縄県文化観光スポーツ部観光政策統括監。2013年4月 琉球大学観光産業科学部観光科学科教授 学長補佐(社会連携)。2016年4月 琉球大学観光産業科学部長 大学院観光科学研究科長。2019年6月 一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー会長。沖縄ツーリズム産業団体協議会会長。琉球大学国際地域創造学部客員教授。

著書・論稿等:
・株式会社トラベルジャーナル【週刊トラベルジャーナル 2022年10月24日号】
クルーズに立ちはだかる壁 「受け入れてよしの体制づくりが重要」
・日本交通公社【観光文化 2022.10 第255号】
「量と質が両立する「エシカル」な観光地への転換を目指す」
・日本観光振興協会【観光とまちづくり2022.7 No548】
「観光が沖縄にもたらしたもの」
・「沖縄観光進化論」(琉球書房,2012)