JMC海事振興セミナー

Seminar

第4回JMC海事振興セミナー
「洋上風力発電への海運業界の進出と将来展望」

開催概要 近年、再エネ海域利用法の下で洋上風力発電の導入への取組が日本各地で進められており、外航海運企業グループでも新たな商機として調査、輸送・建設・敷設、メンテナンスなどの各局面での取組が進められています。
今回は、洋上風力に関わる船舶に詳しい有識者より今後必要と思われる取組みや課題等について講演して頂き、海運業界・船舶の観点から洋上風力に関する展望を探ることと致します。
日時 2022年10月12日(水) 14:00 ~ 16:00
開催方法 オンライン(Zoom ウェビナー)会場(海事センタービル)にも若干のお席をご用意しております。                             ご希望の方は下記までご連絡ください。※先着20名様まで                                     jmcseminar@jpmac.or.jp
タイムテーブル
14:00 【開会挨拶】(公財)日本海事センター 会長 宿利 正史
14:05 【取組報告①】「商船三井グループの洋上風力発電事業への取り組み」
株式会社商船三井エネルギー営業本部電力・風力エネルギー事業群 第二ユニットユニット長 杉山 正幸 氏
14:25 【取組報告②】「洋上風力発電事業における船舶への期待」
一般財団法人日本海事協会事業開発本部環境・再生可能エネルギー部 専任部長 三浦 明純 氏
14:45 【研究発表①】「洋上風力発電所設置に係る特殊船舶の活用および一般船舶との調整」
神戸大学大学院海事科学研究科 教授 藤本 昌志 氏
15:05 【研究発表②】「海外における航行安全確保の取組等の動向」
(公財)日本海事センター 企画研究部 研究員 坂本 尚繁
15:25 【総評と質疑応答】コメンテーター: 早稲田大学法学学術院 教授 河野 真理子 氏
16:00 【閉会挨拶】(公財)日本海事センター 常務理事 下野 元也
参加費 無料
申込期限 10月6日(木)まで ※お申し込みいただいた方には、別途視聴用URLをご送付いたします。
備考 ※本セミナーのプログラム、講演者、時間等は予告なく変更されることがあります。

当日のプログラム

お申込みフォーム

講演者 略歴

株式会社商船三井エネルギー営業本部電力・風力エネルギー事業群 第二ユニットユニット長
杉山 正幸 氏

1993年3月慶應義塾大学法学部卒業
1993年4月大阪商船三井船舶株式会社入社
1999年4月ナビックスライン株式会社と合併 株式会社商船三井と社名変更
2014年6月LNG船部第二グループリーダー
2016年6月Mitsui O.S.K. Bulk Shipping (USA), LLC. Houston Office
2019年4月石炭・エネルギープロジェクト部長
2020年4月石炭・再生エネルギープロジェクト部長
2021年4月風力エネルギー事業部長
2022年4月電力・風力エネルギー事業群 第2ユニット ユニット長

一般財団法人日本海事協会事業開発本部環境・再生可能エネルギー部 専任部長
三浦 明純 氏

1988年3月九州大学工学部造船学科卒業
1988年4月財団法人日本海事協会船体部 その後、検査技術部等を経て
2021年4月一般財団法人日本海事協会 環境・再生可能エネルギー部

神戸大学大学院海事科学研究科 教授
藤本 昌志 氏

1991年神戸商船大学商船学部航海学科卒業,神戸商船大学乗船実習科修了,日本郵船株式会社入社,航海士として海上及び陸上勤務
1999年より神戸商船大学助手として海上交通法,海事行政,海事教育などの教育,研究に従事
2005年大阪大学大学院法学研究科博士後期課程修了
2007年神戸大学大学院海事科学研究科准教授
2022年神戸大学大学院海事科学研究科教授、附属練習船「海神丸」船長
    博士(法学)・一級海技士(航海)

(公財)日本海事センター企画研究部 研究員
坂本 尚繁

東京大学教養学部卒業
東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了
東京大学大学院総合文化研究科博士課程満期退学
大学院では国際法・国際環境法を専攻。
2020年4月から現職。企画研究部において洋上風力発電、海運環境政策などの調査研究業務に携わる。
所属学会は、国際法学会、日本海洋政策学会。

早稲田大学法学学術院 教授
河野 真理子 氏

筑波大学社会科学系専任講師、助教授を経て、2004年から早稲田大学法学学術院教授。交通政策審議会海事分科会長、港湾分科会委員等。2021年度は、基地港湾のあり方に関する検討会委員及びカーボンニュートラルポートの形成に向けた有識者検討会委員等も務めた。2021年度の主要著作は、「国際社会における正義の実現と裁判手続」『国際関係と法の支配(小和田恆国際司法裁判所裁判官退任記念)』(信山社)。